NHK来春朝ドラは「ひよっこ」ヒロインに有村架純「新しい風を」

[ 2016年6月29日 16:00 ]

<NHK連続テレビ小説「ひよっこ」ヒロイン発表会見>ヒロインに抜擢された有村架純

 NHKは29日、来年度前期の連続テレビ小説(4月3日スタート、月~土曜前8・00)が、高度成長期を駆け抜けたヒロインの青春を描く「ひよっこ」に決まり、ヒロインは女優の有村架純(23)が務めると発表した。2013年の朝ドラ「あまちゃん」で主人公の母親の少女時代を演じてブレークした有村は「本日は本当に緊張しています。3年前『あまちゃん』で、この場に立たせていただいた時とは180度違う気持ちで立っています。朝のヒロインは元気を与えられる存在。私の役で、作品で皆さんに新しい風を吹かせられたら」と意気込んだ。

 現在放送中の「とと姉ちゃん」、次回作「べっぴんさん」に続く朝ドラ第96作目。

 脚本は「イグアナの娘」「最後から二番目の恋」などで知られる岡田惠和氏によるオリジナル作品。朝ドラは「ちゅらさん」「おひさま」に続く3作目。

 物語は東京オリンピックが開催された1964年から始まる。東京に出稼ぎに行ったものの、行方不明になった父を捜すため、集団就職で上京する谷田部みね子(有村)を描く。“金の卵”が自らの殻を破り、成長していく波乱万丈青春記で、幸せな家族を取り戻す大冒険を繰り広げる。

 岡田氏は「有村架純さんとはデビュー当時から何度か仕事をさせていただいてきて成長を見てきました。そして朝ドラをやるべき人だと強く思っていました。朝ドラのヒロインをやってほしい。そしてその朝ドラは絶対私が書きたい。そう強く熱望して願いがかないました。今、とても幸せです」とコメントしている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年6月29日のニュース