西田敏行 胆のう炎で入院 頸椎亜脱臼から順調回復も…

[ 2016年5月7日 05:30 ]

西田敏行

 頸椎(けいつい)亜脱臼の手術を受けた俳優の西田敏行(68)が胆のう炎で入院していることが6日、分かった。

 2月に自宅のベッドから転落して頸椎を亜脱臼し、4月19日に手術を受けた。順調に回復し、6日に朝日放送「探偵!ナイトスクープ」の収録で復帰予定だったが、4月下旬に胆のう炎であることが分かり出演を見送った。所属事務所は「精密検査を受け、胆のう摘出手術を受けるか決める」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年5月7日のニュース