福岡出身の北山たけし「心が痛む」いつか北島ファミリーで慰問を

[ 2016年4月21日 06:00 ]

島根・出雲大社で熊本地震の復興祈願を行い、大しめ縄の前でガッツポーズする北山たけし

 演歌歌手の北山たけし(42)が20日、島根県の出雲大社で、ヒット祈願改め熊本地震の被災地復興祈願を行った。

 被害の大きい熊本県北東部に近い福岡県柳川市出身。「実家付近も震度5強を観測した。熊本には親戚も多く、心が痛む」と表情を曇らせた。師匠で義父の北島三郎(79)は「皆さまに受け入れてもらえる時が来たら、歌いに行こう」と話しているといい「状況が落ち着いたら、師匠をはじめファミリーで駆けつけたい」と慰問を行う考えを明かした。

 またこの日、新曲「流れ雲」と“雲つながり”の縁で就任した「出雲観光大使」の委嘱式が出雲市役所で行われ「新曲を通じて全国の皆さんを元気づけ、結果的に年末にいい報告ができれば」と、7年ぶりのNHK紅白歌合戦出場に意欲をみせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年4月21日のニュース