ショーン氏「とくダネ」降板 小倉智昭が謝罪「未だに信じられない」

[ 2016年3月17日 08:05 ]

ショーン・マクアードル川上氏

 学歴詐称が発覚した経営コンサルタントのショーン・マクアードル川上氏(47)について、コメンテーターを務めていたフジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)は17日の放送で言及。番組冒頭、キャスターの小倉智昭(68)が謝罪し、「未だに信じられない思いですが、本当に残念でなりません」と話した。

 川上氏は2010年8月から同番組で金曜コメンテーターを務めていた。

 この日の番組冒頭、同局の梅津弥英子アナウンサー(38)が川上氏から出演辞退の申し出を受け、番組降板となったことを報告。小倉キャスターは「こうした事態になってしまいました。番組としてはお詫びをさせていただきたいと思います」と頭を下げた後、「私個人としては…」と自身の思いを語った。

 川上氏が5年以上に渡ってコメンテーターを務めたことに触れ、「ショーンさんは大変英語も堪能な方ですし、日々の国際情勢に関してもいち早く番組に意見を反映させてくれて、様々な分野で的確なことを伝えてくださったと思うんです」と番組への貢献を強調。そして「未だに信じられない思いでいっぱいですが、非常に残念でなりません」と心境を吐露した。

 川上氏は16日発売の「週刊文春」の報道を受けて公式サイトで学歴詐称を認めた上で、フジテレビで4月4日にスタートする夜の報道&スポーツ番組「ユアタイム~あなたの時間~」(月~木曜後11・30、金曜後11・58)の司会のほか、現在出演中のテレビ、ラジオ番組、来月開局するテレビ朝日系のインターネット放送の計6番組に辞退を申し入れ。フジテレビはこれを受けて16日に「ユアタイム」「とくダネ!」の出演取りやめを発表している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年3月17日のニュース