アイドリング、最後まで“らしさ”全開!全員卒業番組で“遅刻しちゃった”

[ 2015年10月31日 18:17 ]

5日の武道館公演前に取材に応じた「アイドリング!!!」の(前列左から)河村唯、酒井瞳、朝日奈央、三宅ひとみ、外岡えりか、横山ルリカ、橘ゆりか、大川藍、橋本楓、(後列左より)倉田瑠夏、尾島知佳、高橋胡桃、石田佳蓮、玉川来夢、古橋舞悠、関谷真由、橋本瑠果、佐藤麗奈、佐藤ミケーラ倭子

 19人組のアイドルグループ「アイドリング!!!」が31日、一斉卒業前最後の活動として、フジテレビONEの冠番組「アイドリング!!!最終回 今日が10年目の明日ング!!!~良きところで全員卒業!!!生放送SP」に出演した。

 番組オープニングは、最終回なのにまさかのドッキリ。スタジオに椅子だけ置かれて誰もいない状態からスタートした。メンバーはウソの放送開始時間を告げられ、楽屋でくつろぐ場面をさらされることに。司会のバカリズム(39)にドッキリを告げられると、メンバーは慌ててスタジオ入り。最終回も“らしさ”全開のドタバタとなった。

 「アイドリング!!!」は2006年10月にスタートしたバラエティー番組「アイドリング!!!」に“現在進行形で成長するアイドル”として活動を続けてきた。メンバー全員の一斉卒業は15年4月に発表。活動開始から10年目を迎える10月31日にそれぞれがグループから巣立ち、自らの足で夢に向かって新たに活動していくための一歩として決定した。10月5日に日本武道館でラスト公演、同30日に都内でファンクラブの解散式を行った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年10月31日のニュース