「とと姉ちゃん」落合チーフP 高畑充希の背中に“ヒロイン重なった”

[ 2015年8月31日 18:07 ]

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」ヒロイン発表会見に出席した高畑充希
Photo By スポニチ

 来年4月スタートのNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(月~土曜、前8・00)のヒロインに女優高畑充希(23)が決まり31日、同局から発表された。高畑は2564人の中から主演の座を射止めた。書類選考を経て、3次までの面接などを経て決定した。

 制作統括の落合将チーフ・プロデューサー(CP)は「オーディションの中でとっても輝きのある方だった。アドリブの芝居にも動じなかった」とオーディションを振り返り、「小柄な高畑さんの後ろ姿を見て、家族を背負って生きていくヒロインの背中を見たような気がした」と高畑の背中にヒロインの背中が重なったと明かした。

 素顔の高畑について「オヤジっぽい部分もあるみたい」としながらも「家族を背負って長女として一生懸命、駆け抜けて、気がついたら人生生き抜いちゃったというような生命力のあるヒロインを演じていただきたい」とエールを送った。

 13年後期のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で杏(29)演じるヒロインの義理の妹を演じた。落合CPは「『ごちそうさん』からの連続性はあまりない」とキッパリ。「ごちそうさん」への出演は今回の抜てきには影響していないことを強調。「そのドラマに一番合ってる人、旬な人を取りたいというだけ。充希ちゃんもいまは23歳ですし、15歳ぐらいから60代まで演じる予定なので、女性の年齢相応の貫禄を出せるということも決め手にはなっている。(起用は)総合的にいろんなものを見て判断した」とした。
 「ごちそうさん」では劇中歌を披露している高畑。本作での歌の披露についても、落合CPは「劇中では取り入れていない」としながらも「演出上、作品の構成上、そういったものがドラマとしていいならばこれからは考えなくはない。ファンサービスとしてはあるかもしれないが、それはあくまでもドラマの世界観に合った形でやる」と含みをもたせた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年8月31日のニュース