PR:

宮沢りえ、ヌード写真集を引き受けた理由は…タモリ相手に激白

91年に写真集「Santa Fe」発売会見を行った宮沢りえ(左)と写真家の篠山紀信氏

 昨年10月にスタートしたタモリ(69)のトークバラエティー「ヨルタモリ」(フジテレビ、日曜後11・15)が9月20日で終了する。日曜深夜の放送ながら、視聴率は時折10%超を記録するなど好調だが、開始当初から1年契約で、実験的な番組内容から、鮮度があるうちに惜しまれながらピリオドを打つことが望ましいと局が判断し、番組終了が決定した。

 番組は架空のバーを舞台に、宮沢りえ(42)がママ役でレギュラー出演し、タモリが常連客に成り切ってトークに臨み、ゲストの意外な一面を引き出していく内容。艶やかな着物姿でゲストをもてなす宮沢の“ママ姿”を楽しみにしている視聴者も多かった。番組終了が決まったいま、注目を集めた宮沢の発言を紹介する。

 7月26日の放送回。ゲストは写真家の篠山紀信氏(74)で91年発売の宮沢のヌード写真集についてのトークが繰り広げられた。155万部のベストセラーとなり、社会現象を巻き起こした写真集「Santa Fe」だが、宮沢は撮影に行くまでヌードになると知らなかったと言う。「私、聞いてたかしら。行く前にヌードとるって。多分、聞いてないで(米国のサンタフェに)行ったじゃないかな」と衝撃発言。篠山氏はそれ、かなり後になってから聞いたんだけど、すごくショックだったんですよ。りえママ(宮沢の母・故光子さん、14年に死去)だけは理解してたんだよね」と振り返っていた。

 宮沢はヌード撮影を引き受けた理由について「すごく(母の言葉に)説得力があったのは、ヌードになるタイミングってみんなちょっと遅いっていうか…。絶頂期があったとしてね。(絶頂期を超えてからの撮影)それはおかしいと思うって。美しいものは美しいときにとるべきだ、っていう母親の説得があって。私も『うーん、まあそうね』って」と穏やかな口調で説明していた。

[ 2015年8月31日 16:38 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月18日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル