江口洋介、自宅浸水被害より本木雅弘らの“愛妻いじり”にタジタジ

[ 2015年8月20日 19:48 ]

映画「天空の蜂」の完成披露試写会に出席した江口洋介

 俳優の江口洋介(47)、本木雅弘(49)、國村隼(59)が20日、都内で行われた原発テロを題材にした映画「天空の蜂」(9月12日公開)の完成披露試写会に出席した。

 撮影中にゲリラ豪雨で自宅の地下が水浸しになったという江口は、妻で歌手の森高千里(46)に電話していた様子を、傍で聞き耳を立てていた國村から「“うん、うん、それは俺がちゃんとしておくから!”と、なんだか危機管理しているみたい」と壇上で再現されて赤面。本木も「脚の綺麗な奥さんに電話してですね、“その美脚が水浸しになるのは俺的に困るから、子供にも手伝わせて、その間に業者に電話して俺が指示するから”と話していた」とすかさず愛妻イジリで、江口は「やめなさい、やめなさい。そういうのがネットに載るんだから。恥ずかしい」と大慌てだった。

 当時の心境を聞かれた江口は「撮影中は冷や冷やしていました。(後処理は)時間をかけてやりましたけれど、これからは何が起こるかわかりませんね」と災難を振り返っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年8月20日のニュース