箕輪はるか 白い前歯にご満悦 堀北真希に「似てきますよね」

[ 2015年6月9日 12:48 ]

映画「ハイネケン誘拐の代償」PRイベントに参加した、ハリセンボンの箕輪はるか

 お笑いコンビ「ハリセンボン」の箕輪はるか(35)が9日、東京都内で映画「ハイネケン誘拐の代償」(13日公開)のPRイベントに参加。5月下旬に「ブリッジ」と呼ばれる治療で神経が死んで黒ずんだ前歯を抜歯し、白い前歯に生まれ変わった箕輪は「歯を白くしました。(神経は)もう死んではないんです。心配かけてすいませんでした」と新・前歯を意識したビックスマイルを見せた。

 周囲からは「やってよかったねとか、顔色もワントーン明るくなったと言われたし、性格も前向きになった」と嬉しそうな箕輪。報道陣に「あの方に似てきましたね?」と堀北真希(26)を想定して聞かれると「似てきますよね~」と自信満々の笑みを浮かべていた。

 恋愛にも積極的になっているようで「これだったらウエディングドレスにも合うし、心の準備も出来た」といい、「積極的に出会っていきたい。合コンしたい」と肉食系に大変身。好みのタイプは「哀川翔さんのような男らしい男性。やんちゃな人もいいし、白い歯が好きだと言ってくれる方に会いたい」と恋人を募集していた。

 そんな中「(相方の近藤)春菜よりも白くなってごめんなさいって気持ちがある。私の方がキレイ」と調子に乗り始めると、当の近藤春菜(32)からは「生活している中で白いのが普通だから!周りの歯が黄色く見えるから、ホワイトニングしてほしい」とツッコミを受けていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年6月9日のニュース