高畑充希 蜷川作品への参加は「野望、まだピンと来ない」

[ 2015年6月4日 15:55 ]

音楽劇「青い種子は太陽のなかにある」製作発表で笑顔を見せる高畑充希

 KAT―TUNの亀梨和也(29)が主演を務める東京・Bunkamuraオーチャードホールでの舞台「青い種子は太陽のなかにある」(8月10~30日)の製作発表が4日、同劇場で行われ、主演の亀梨をはじめ、ヒロインを務める高畑充希(23)、主人公の父を演じる六平直政(61)、演出家の蜷川幸雄氏(79)、音楽を手がける音楽プロデューサーの松任谷正隆氏(63)らが顔をそろえた。

 デビュー10年を迎えた高畑はミュージカル「ピーターパン」で主人公ピーターパン役を6年間務めた。以前から「一緒にやりたいと思っていた。野望でした」と蜷川作品への参加を熱望し、楽屋などへ挨拶にいっていたという。念願叶っての朗報に「まだピンと来てないというか、願っていた時間が長すぎてよくわからない。まだ2カ月後にここ(劇場)に立っている自分が想像もつかない」とまだ実感が沸かない様子。「顔に出ないんですけど、緊張はしてます」としながらも「ものすごく楽しみで楽しみでありません。せっかくこの場に来れたのでがむしゃらに行きたい」と目を輝かせた。

 亀梨とは映画「バンクーバーの朝日」以来、2度目の共演。亀梨について「マジメ」と一言。「テレビとかで見ていた印象ではセクシーでちょいワルみたいな印象だったけど、しっかりしている」。そんな高畑について亀梨は「物おじしないですよ、ドシッとしている」と称賛し、すでに息もピッタリの様子。音楽劇ということもあり、2人のデュエットも用意されており、亀梨は「(高畑は)歌がめちゃくちゃうまいので、しっかりついていけたら」と話した。

 蜷川作品は2人とも初参加。稽古の厳しさでも有名で、モノが投げられるなど、さまざまな“都市伝説”が飛び交っている。共演者からさまざまな情報を聞いているという高畑は「車イスの向いた方向に怒鳴るので、みんな車イスの動向を見守っていると聞いた。本当かどうかはわからないですけどね」としつつ、「亀梨さんも初めてなので、そこはホッとしている。怒られてもめげずに傷の舐め合い精神で頑張りたい。そりゃ、褒められたいですけどね」と笑った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年6月4日のニュース