PR:

ポール「ナツカシイ」49年ぶり武道館 ライブ初披露曲も熱唱

日本武道館周辺に集まった多くのポールファン

 ポールが半世紀ぶりに武道館にやって来たヤァ!ヤァ!ヤァ!――。日本ツアー中のポール・マッカートニー(72)が28日、「ザ・ビートルズ」として1966年に行って以来、49年ぶりの東京・日本武道館公演を行った。武道館を“聖地”にした男の帰還に、会場周辺にはファンがごった返し、開演が1時間半も遅れるなど混乱。28曲を熱唱したポールは「ナツカシイ…」とつぶやいた。

 午後4時半ごろ、会場周辺にごった返す人混みを切り裂くようにリムジンで武道館入りしたポール。後部座席の窓から上半身を出し、右手を振って応えた。混雑の影響で開演は予定を約1時間半過ぎた午後7時55分。でも会場を埋め尽くした1万人のファンは、伝説の舞台に降り立ったポールを大歓声で迎えた。

 「アリガトウ、ヒサシブリ、ブドーカン」

 ポールは何度も何度もガッツポーズ。1曲目の「キャント・バイ・ミー・ラヴ」を筆頭に、28曲中、19曲がビートルズナンバーで、中でも66年のレパートリーだった「ペイパーバック・ライター」と「イエスタデイ」の2曲ではひときわ高い歓声が響き渡った。

 66年当時、ロック演奏の前例がなかった武道館に、初めてエレキサウンドを響かせたのがビートルズだ。6月30日から7月2日の3日間5公演。学校を休んで駆けつける学生が続出するなど社会問題化。公演を放送した日本テレビの番組の平均視聴率は56・5%(ビデオリサーチ、関東地区)を記録した。

 その後、ポールはロックバンド「ウイングス」時代の75、80年に武道館公演が予定されていたが、薬物禍でツアー自体が消滅。昨年5月の来日時もウイルス性胃腸炎を発症し武道館を含む日本ツアーが中止になっていた。

 ファンを喜ばせたのが「レジェンダリー(伝説の)・コンサートになるよ」の一言。やはり、長年帰れなかった思い出の地に、強い思い入れがあった様子。「世界初披露だよ!」と叫ぶと、ライブで一度も演奏したことのない「アナザー・ガール」(65年)を熱唱。ファンを感激させた。

 この日はビートルズ、そしてポールの才能に導かれ、当時観覧した人から、生まれていなかった若者まで幅広い世代が集まった。中でも、66年7月1日に生まれたという群馬県高崎市の浅川美智子さん(48)は「その日に生まれたからというわけではないが、ビートルズは何だか心に響く。きょうは絶対来ようと決めていた」と、10万円のSS席チケットを握り締め頬を紅潮させた。

 アンコールの「ゴールデン・スランバー」で聖地凱旋を締めくくったポール。「マタアイマショー!トーキョー」と絶叫し、再会を誓った。

 ▽1966年の公演 6月30日~7月2日の3日間で、昼夜5ステージを実施。チケット代は1500~2100円で、期間中、約4万2500人が来場したのに対し、動員された警察官は約8000人という厳戒ぶり。日本武道館でのロック演奏は初めてで、周辺には反対派の姿もあった。

[ 2015年4月29日 05:33 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:10月22日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル