芹那 SDN時代には「戻りたくない」関ジャニ大倉との関係は「何も…」

[ 2014年11月4日 16:10 ]

イベントに登場した芹那

 元「SDN48」でタレントの芹那(29)が4日、都内で行われた「X-MEN:フューチャー&パスト」DVD&ブルーレイリリース記念イベントにお笑いタレントの“東MAX”こと東貴博(44)とともにゲスト出演。SDN時代には「戻りたくない」と断言し、驚かせた。

 未来の物語にかけて、“未来で大事にしたいもの”を聞かれた芹那は「自分のペースは保っていきたい。自分らしく、常にペースを崩さずいること」と今度もマイペースで進んでいきたいと強調。来年30歳を迎えるが、「このままではダメだなとはわかっている」としながらも「焦らないですね。周りは結婚して子供を生まれている人もいるけど、自分では考えられない。でも、子供はほしい」と話した。

 過去については「過去の自分が一番怖い。SDNをよくやれたなって。同じ過去を繰り返せって言われたらちょっとイヤ。今はのんびり、ぬるま湯に入っている気分なので、ちょっと戻りたくない」とSDN時代の全否定とも取れるびっくり発言。周囲が驚く中、「メンバーとはいまだに仲良くしていますし、否定しているわけではない。最近もハロウィンパーティーしました」と慌ててフォロー。「それ(過去)があっての今。(揉め事は)何もないですし、仲良しです」とした。

 芹那は9月末に人気アイドルグループ「関ジャニ∞」の大倉忠義(29)との交際を写真週刊誌に報じられてから初めての公の場。記者から「男性グループのプリンスとはどうなんですか?」と大倉との交際について聞かれた芹那は何も答えず、苦笑。「ノーコメントですか?」と念を押されると、「何も…」と交際関係をあらためて否定し、降壇した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年11月4日のニュース