テレ東「ニュース新書」看板ネコ「まーご」死す…繁田アナ涙

[ 2014年10月11日 13:19 ]

10日夜、急性心不全のため亡くなった「田勢康弘の週刊ニュース新書」の看板ネコ「まーご」(C)テレビ東京

 2008年4月5日の放送開始以来、テレビ東京「田勢康弘の週刊ニュース新書」(土曜前11・30)に出演し、視聴者やゲストの政治家たちにも愛されたネコの「まーご」が10日午後9時、急逝した。11日の放送で発表された。8歳7カ月だった。事務所で世話をしてもらっている最中、急性心不全による突然死だった。

 進行役を務める同局の繁田美貴アナウンサー(30)は会社から急きょ駆け付け、お別れ。「普段、寝ている時と何ら変わらない、すごいやすらかな顔をしていて、なでたら今にものどを鳴らしてくれそうな表情で眠っていました」と涙ぐんだ。

 番組公式サイトにも「番組のアイドル」として紹介され「雄のアメリカンショートヘアー。2006年3月15日生まれ。たまにミャーと鳴いて、周りのスタッフをハラハラさせます。温厚な性格で寝るのが大好き。生放送中に出演者のマグカップに顔を突っ込み、入っていたお茶を飲んでしまうなんてハプニングもありました」と記述。動画コーナーもある。

 ホスト役のジャーナリストで愛猫家の田勢康弘氏(70)が生放送中のスタジオ内にネコを常時、歩かせるという演出を提案。

 「この番組を引き受けるかどうかという時に、ネコを出す、そのことを条件にして、それを受けてくてるなら出てもいいですよ、と。そういう経緯で出ることになったので、一心同体で…。先週ですかね、ひそかに約束して、辞める時は一緒に辞めような、と。本当に残念です」と肩を落とした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年10月11日のニュース