「ナースのお仕事」12年ぶり復活!観月「すぐ朝倉いずみに戻れた」

[ 2014年9月20日 18:45 ]

観月ありさ(右)と松下由樹の「ナースのお仕事」が12年ぶりに復活

 過去に4度、連続ドラマ化されたフジテレビ「ナースのお仕事」が12年ぶりに帰ってくる。10月31日、11月1日と2夜連続してオンエアされる。観月ありさ(37)演じる新人ナース・朝倉いずみと松下由樹(46)演じる先輩ナース・尾崎翔子を中心に展開されるコメディーで、第1弾は1996年7月期に放送。今回は2002年7月期の第4弾以来の復活となる。

 第1夜は「離島編」。いずみが夫・健太郎(藤木直人)ととも開業した高杉診療所がある式根島に、若葉会総合病院の第1病棟師長・翔子が休暇で遊びにやってくる。第2夜「再会編」は翔子が勤める若葉会総合病院に、いずみが看護師の応援として入ることに。脚本・監督は全シリーズを手掛けてきた両沢和幸氏(54)が今回も担当する。

 ▼観月ありさ 12年ぶりということで、最初は“朝倉いずみに戻れるかな”と心配しましたが、撮影に入るとすぐにパッと朝倉いずみに戻れました。ナース服に袖を通した時は“あー、これこれ!”と昔の記憶が呼び戻されて、久しぶりの友人と対面するような、うれしい感覚がありました。今回は離島での健太郎との生活や翔子との会話や、それぞれのキャラクターの関係性が微妙に変わっていたりして、時を経ているからこそ面白い部分が描かれています。ぜひ帰ってきた「ナースのお仕事」を楽しんでいただきたいです。

 ▼松下由樹 「ナースのお仕事」が復活すると聞いて、すごくうれしかったです。頂いた台本を読んでいくと、想像が膨らむようなすごく面白い内容だったので、この面白さを演じられれば、きちんと届けられるのかなという実感が湧きました。ありさちゃんと実際にお芝居してセリフを合わせると、すんなり当時の感覚になりました。ナース服を久しぶりに着ても、日常な感じがして、すぐになじみました。充実した2夜連続のドラマになっています。ぜひお楽しみください。

 ▼大賀文子プロデューサー 12年ぶりに「ナースのお仕事」が帰ってきました。観月さん&松下さんのゴールデンコンビの復活です。お2人のお芝居が作り出す雰囲気によって、現場は本当に12年前にタイムスリップしたような感じで、私たちスタッフの方が驚いています。「ナースのお仕事」は働く女性を応援したくて作ったドラマです。また、入院されている方々が安心して視聴できる唯一の病院を舞台にしたドラマと言われるように、医療ドラマというよりヒューマンコメディーととらえていて、今回このような形で帰ってきて皆さまにお届けできることを本当にうれしく思っています。期待を裏切らない、面白いドラマになると思いますので、よろしくお願いします。

 <「ナースのお仕事」作品リスト>
 96年7~9月「ナースのお仕事」
 97年4月4日「ナースのお仕事スペシャル」
 97年10~12月「ナースのお仕事2」
 00年4~9月「ナースのお仕事3」
 02年5月公開「ナースのお仕事 ザ・ムービー」
 02年7~9月「ナースのお仕事4」

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年9月20日のニュース