きゃりー 無許可撮影に苦言「断っても撮られてるの悲しい」

[ 2014年6月15日 21:51 ]

きゃりーぱみゅぱみゅ

 歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(21)が15日、自身のツイッターを更新。許可なく写真を撮るファンに対し苦言を呈した。

 きゃりーは「友達と買い物してる時も盗撮される時代」と勝手に撮られツイッター上にアップされた写真をリツイート。写真をアップしたユーザーが「渋谷できゃりーを声をかけたのに塩対応(素っ気ない態度)だった」という内容のつぶやきもリツイートし「こういう人には塩対応だよ。写真も断ったのにさ」とバッサリ。

 「話しかけてもらえるのは凄く嬉しいし、時間がある時はサインも握手も大丈夫です。でも写真は全員にお断りしてるので、、、それで撮られてるの悲しい。カメラ向けらろてるのわかった、、、くぅ、、」と自身のポリシーを明かし、撮影に気がついても何も言えなかったことを悔やんだ。

 きゃりーはこれまでにもツイッターで何度か「盗撮されるの悲しい」などと悩みを吐露していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年6月15日のニュース