塚本まり子 総選挙でのコンサートデビュー語る…“大人まゆゆ”に感激

[ 2014年6月15日 10:50 ]

大人AKBの塚本まり子。ステージデビューも果たし、残り期間の全力疾走を誓う

 大人AKBの塚本まり子(37)が今月7日、東京・味の素スタジアムで行われた選抜総選挙のステージで、コンサートデビューを果たした。「会場が広すぎちゃって逆に緊張しませんでした」と笑う。応募総数5066通のオーディションを勝ち抜き、4月17日にお披露目されてから約2カ月。ユニットを組む渡辺麻友(20)らメンバー、AKBへの思いを聞いた。

 ――味スタの7万人の前で歌った感想は?

 「空耳だったのかもしれませんけど、歌い始めたら“まりり!”というコールが聞こえたんですよ!」

 ――本当にコールが起きていました。

 「空耳じゃないですよね!?(笑い)それで私は本当に大人AKBに選ばれたんだと実感しました。“あ、アイドルなんだな”って」

 ――4月からAKBでしたが、それまでは実感がなかった?

 「なかったです。仕事をさせていただいているという感じでした」

 ――総選挙では、一緒に「教えてMommy」を歌っている渡辺麻友さんを応援していたそうですが、渡辺さんの1位が決まった瞬間は?

 「もうガッツポーズでした!まゆゆちゃんのウルウルしている顔を見たら、私もウルウルしちゃって、その後はずっと泣いてました」

 ――実際に接した渡辺さんの印象は?

 「しっかりしていますね。普通、37歳の人がいきなり後輩として入ってきたら、どうしたらいいか分からないと思うんです。でも、まゆゆちゃんは一番初めに声を掛けてくれました」

 ――アドバイスもしてくれる?

 「CMの記者会見の時、私が途中で言葉を詰まらせたら、横で、言うべきことをささやいてくれたんですよ。それで私は声を出せました。20歳なのになんて大人なんだろうと思いました。私が20歳の頃、年上の人にそんな気の利いた ことはできませんでしたから」

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年6月15日のニュース