紅白卒業のサブちゃん、愛馬快勝にご機嫌「福が来たよ!」

[ 2014年2月4日 05:30 ]

北島三郎は高尾山薬王院で恒例の豆まき

節分豆まき行事

 演歌歌手北島三郎(77)は娘婿の北山たけし(39)と東京・八王子の高尾山薬王院で行われた節分会に参加した。

 50回目の出場を区切りにNHK紅白歌合戦を卒業してから2カ月。参拝客に豆をまいて「年だな。飛距離が短くて。紅白終わったらもう節分だよ」と右肩を押さえながら晴れやかな表情を浮かべた。

 今年の活動については「残ってる道を皆さんに恩返ししていきたい」と従来通りのスタンス。ところが、前日2日に愛馬キタサンイナズマ(牡4)が東京競馬場で快勝した話題になると満面の笑みで「福が来たよ!次も馬券を買った方がいい」と報道陣にアピールした。

 春のクラシック戦線に進んでほしいと期待する所有馬も2、3頭いるといい「今年はいつも以上にツイてる。重賞を勝ったら大変だよ」と、仕事も馬も絶好調の口ぶりだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年2月4日のニュース