西川史子 バツイチ歴14日「まだ家を出ていない」

[ 2014年1月24日 11:14 ]

フジテレビ「ノンストップ!」に出演した西川史子

 女医でタレントの西川史子(42)が24日、金曜レギュラーを務めるフジテレビ「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)に出演。「離婚しても仲がいいワケ」と題されたテーマで、タレントの千秋(42)、俳優の坂上忍(46)、「スピードワゴン」の井戸田潤(41)といった、「バツ」のついた過去がある仲間らとトークを展開した。

 11日に離婚したばかりで“バツイチ歴14日”と紹介された西川。坂上から「新入りのバツ。フレッシュ!」「バツがついてから初めて会う!」などと冷やかされ、「バツバツ言わないで…。結婚は修行とか言ってたのにね…(離婚について)あまり話したくない」と苦笑い。

 トークテーマである「離婚をしても仲良くする元夫婦」については「ちょっとまだよくわからないです。いいとは思う」と発言。自身の現状については、離婚後も元夫と会っているといい、「私はまだ家を出ていないので。旦那さんが出ていってくれているので、一緒には住んでいない。ただ、私は新しいマンションに移るのに、2、3カ月はかかるので」とまだマンションを出ていないことを告白した。

 バツありタレントばかりの仲で、番組MCの「バナナマン」設楽統(40)と同局の山崎夕貴アナウンサー(26)は「離婚経験してないからわからない」と困惑顔。「全然嫌いじゃない!」(千秋)「折り合いが合わなかっただけ」(坂上)とそれぞれ嫌いで別れたわけではないと強調する中、唯一の結婚未経験者の山崎アナから「嫌いじゃないなら頑張ればいいじゃないですか!ちょっと頑張れば!」とストレートすぎる指摘を受け、西川も思わず「頑張ったわよ!誰も離婚がしたくて結婚したわけじゃないんだから!」と本音をこぼしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2014年1月24日のニュース