桜塚やっくん 中国自動車道の事故で死亡 山口県警が発表

[ 2013年10月5日 23:05 ]

事故で死亡したことがわかった桜塚やっくん

 5日午後4時50分ごろ、山口県美祢市東厚保町の中国自動車道下り線で、ワゴン車が中央分離帯に衝突する単独事故があり、車から降りた男性2人が後続車にはねられ死亡した。県警によると、死亡した1人は「桜塚やっくん」の芸名でタレントとして活動する東京都渋谷区、斎藤恭央さん(37)。熊本県荒尾市で6日に開催されるコンサートに向かっていたという。死因は心臓破裂だった。

 亡くなったもう1人は埼玉県所沢市、砂守孝多郎さん(55)。車には全部で5人が乗っており、ほかに男性2人が胸や肩の痛みを訴え病院へ搬送されたが、軽傷だった。

 現場は美祢インターチェンジ(IC)―美祢西IC間の右カーブで、当時雨が降っていた。中国自動車道下り線は午後5時15分から、この区間で通行止めとなった。

 桜塚やっくんは、不良女子高生の制服姿の「スケバン恐子」というキャラクターでお笑い番組に出演し大ブレーク。2010年からは、女装した男性メンバーでガールズバンドを結成し、音楽活動を行っていた。2011年3月には、泥酔した女子大生を乱暴したとして準強姦(ごうかん)の疑いで警視庁に書類送検され、示談が成立したと報じられたが、本人はブログで「天地神明に誓って、僕は清廉潔白」「犯罪を犯した事実は一切なく、逮捕や起訴されることもない」と主張していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年10月5日のニュース