テレ朝・島本真衣アナ イケメン国会議員と来春ゴールイン

[ 2013年10月3日 06:00 ]

結婚が明らかになったテレビ朝日の島本真衣アナウンサー

 テレビ朝日の島本真衣アナウンサー(29)が国会議員と結婚することが2日、分かった。相手は自民党の小倉将信衆院議員(32)。日本銀行出身の1年生議員で、将来を期待されるイケメンだ。来春にも婚姻届を提出する。

 関係者によると、出会いのきっかけは知人の紹介。島本アナはプロ野球の近鉄などで活躍した父講平さん(60)譲りの運動神経の持ち主。ダイビングやジョギングが趣味の小倉議員とスポーツの話で意気投合したという。

 女性アナウンサーと国会議員のカップルとしては、元テレビ朝日の丸川珠代参院議員(42)と大塚拓衆院議員(40)がいるが、2人は議員同士になってから知り合い結婚した。

 テレビ局関係者は「現職のキー局女性アナウンサーが国会議員と結婚したというのは聞いたことがない」と話している。

 “代議士の妻”と言えば、夫の支援者へのあいさつ回りなどに走り回らなければならない激務。アナウンサーとの“二足のわらじ”は難しいとみられ、島本アナが結婚前後に退社する可能性もありそうだ。

 島本アナはキュートな笑顔が魅力。朝の情報番組のキャスターを入社2年目から担当し、現在も「グッド!モーニング」(月~金曜前4・55)、「みんなの疑問 ニュースなぜ太郎」(土曜前6・00)にレギュラー出演。“朝の顔”として長く活躍している。一方、小倉氏は昨年12月の総選挙に東京23区(町田、多摩市)から出馬し、初当選した安倍チルドレン。日本銀行での経験や英オックスフォード大学院留学で培った金融知識が武器で、党内でも将来を期待されている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2013年10月3日のニュース