ともちん、27日卒業 “独り立ち”ビジョン「キャラ覆したい」

[ 2013年8月18日 09:01 ]

「これから、いろいろな私をお見せします」。鏡を背にポーズを取る板野友美

 板野友美(22)が今月27日の劇場公演で、AKB48を卒業する。05年12月の劇場オープン以来、グループとともに歩み、成長を遂げてきた初期メンバーの一人。誰よりも早くソロデビューを果たし、ファッションセンスにも優れ「おしゃれ番長」の異名もあった。ファンの熱い視線を集め続けた、ともちんはこれからどこへ向かうのか…!?

 ――卒業後は何をするのでしょう?

 「もう一度、音楽や演技をちゃんとやってみたいと思っています。AKBでいろんなお仕事をさせてもらったんですけど“ちょっとずつたくさん”で、一つの仕事に集中したことがなかったんです。ちゃんと仕事と向き合った時に自分がどれくらいできるのか分からないので、これからは一つ一つと向き合ってやっていきたいです」

 ――音楽に関してはどんな向き合い方を?

 「一番やりたいのはライブです。ソロイベントはやったことがあるんですけど、ちゃんとしたライブはまだしたことがないんです。ソロイベントでも“もっとこう歌った方がいい”とか考えましたけど、これまではそれも続けることができませんでした。だから、卒業したら、ライブをどんどんやっていきたいです。ライブの経験が成長につながると思うんです。経験を積んでアルバムを出したいと思います」

 ――では、卒業してもすぐにファンの前にソロ歌手として帰ってくる?

 「そうですね、はい。でも、海外旅行をしてからです(笑い)。この8年間、1週間続けて休んだことがなかったんです。だから、卒業したらまず海外旅行に行きたいと思っていました。中学生の時からずっとAKBで、家族とも旅行をしたことがなかったので、家族を連れて海外に行こうと思います」

 ――どこの国へ?

 「アメリカの超怖い遊園地に行きたいッ!もう調べてあるんですけど、日本の富士急(ハイランド)みたいなのがアメリカにあるんです。そこに行って、とりあえず騒ぎます(笑い)」

 ――卒業すれば「恋愛禁止」のルールもなくなりますね!?

 「いい恋愛はしたいと思います。でも、AKBをやめたから恋愛したいというわけじゃありません。いい人がいたらいいなとは思います。いい恋愛をして、きれいになって、いつかは結婚したいと思います」

 ――「理想の旦那さま像」は?

 「私は凄く子供が好きなので、面倒見の良い人がいい。あとは、器の大きい人がいいです」

 ――卒業してすぐに結婚してしまうなんてことは…?

 「それはないですね。ソロで仕事をやっていきたいので、それがちゃんとできるようになってからですね」

 ――では、最後にファンに向けて一言…。

 「私は卒業後、どんどん成長していきます。やっぱり音楽が好きなので音楽をやっていきたいんですけど、その上で、いろんな私を見せられたらいいなと思います。今までの私のキャラはどんどん覆して、皆さんに“板野友美って、本当はどんな人なんだろう!?”と関心を持ってもらえるようになりたいです」

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年8月18日のニュース