7浪中の山田雅人絶句 東大合格掲示中止「何のために勉強したのか」

[ 2013年7月25日 07:18 ]

東大目指し、現在7浪中の山田雅人

 東大は24日、2014~16年春入試の合格発表で、受験番号の掲示を中止すると発表した。風物詩となっている受験生の泣き笑いや、アメフト部員らによる胴上げがしばらく見られなくなる。

 寂しいニュースに、受験生らからは落胆の声が上がった。スポニチの取材に「エェーッ!ホンマですか!?」と絶句したのはタレントの山田雅人(52)。テレビ番組の企画をきっかけに東大を目指し始め、現在「7浪中」だ。「何のために勉強してきたか分からない。あそこにはドラマがある。甲子園で言えば校歌斉唱。大学には考え直してほしい」と訴える。

 東大志望の男子浪人生(18)は「昨年、自分の番号が見つけられず寂しい思いをした。今度番号があったら、2倍以上の喜びになると思ったのに…」と落胆。

 「今でしょ!」の決めゼリフで人気の東進ハイスクール現代文講師で、自身も東大卒の林修氏(47)は「発表の実質的な意味はすでに薄れているとはいえ、残念。また毎年この機会を楽しみにしているラグビー部、アメフト部にも気の毒。復活を願っています」とコメントを寄せた。

 ▼山田の東大受験挑戦 06年のテレビ東京のバラエティー番組「ド短期ツメコミ教育!豪腕!コーチング!!」の企画で挑戦。これを機に東大に憧れが生まれ、企画終了後も挑戦を続けている

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2013年7月25日のニュース