篠田麻里子 涙のラスト「Mステ」卒業曲初披露 タモリが花束贈呈

[ 2013年7月12日 20:50 ]

AKB48として最後の「ミュージックステーション」に出演、涙を見せた篠田麻里子、写真は総選挙で卒業を発表した時のもの

 グループからの卒業を10日後に控えるAKB48の篠田麻里子(27)が12日、テレビ朝日系「ミュージックステーション」(金曜後8・00)に生出演した。

 卒業セレモニー(21日、福岡・ヤフオクドーム)卒業公演(22日、東京・秋葉原)が間近に迫り、最後のMステ。

 この夜が35回目の出演。3歳の時の写真から始まり、19歳の時のAKB48劇場カフェ店員時の映像、同劇場初ステージ、20歳の時のMステ初出演の映像などが披露され、篠田の足跡が紹介された。VTRを見入った篠田の目は潤み、総監督・高橋みなみ(22)も涙をぬぐった。

 篠田は「生放送は結構、出たことあるんですけど、きょうが本当に一番緊張しています。震え、止まらないです。悔いのないMステにしたいです」とステージへ。

 初めてセンターを務めた「上からマリコ」、新曲「恋するフォーチュンクッキー」を披露した後、あいさつ。「約8年、AKB48のメンバーに仲間に入れてくださった皆さま、そしてメンバー、本当にありがとうございます。私がMステに初めて出演したのは2006年6月9日、『スカート、ひらり』でした。その時は、こんなに素敵な場所を作っていただけるなんて思っていませんでした。本当にありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えると、涙声に。

 「私は自分の道を一歩進みますが、これからも私のすごくすごく大切で大好きなAKB48の応援、よろしくお願いします」と訴えた。

 スペシャルメドレーの最後は卒業ソング「涙のせいじゃない」を初披露。感極まり、歌にならない場面もあった。

 最後に司会のタモリ(67)から花束贈呈。「こんな素敵な番組に出させていただいたことを光栄に思います。きょうは本当にありがとうございました」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年7月12日のニュース