華原朋美 7年ぶり単独ライブ決定に涙「やり直しの旅は始まったばかり」

[ 2013年6月27日 06:00 ]

ファンの前で熱唱する華原朋美

 歌手華原朋美(38)が今秋、7年ぶりに単独ライブを開催することが決まった。26日、都内で行われた復帰第1弾アルバム「DREAM」発売記念イベントで本人にもサプライズで発表された。

 イベント終盤にスタッフから渡された封筒を開け「え~!?まじで!」とびっくり。「私、華原朋美はワンマンライブを開催します」という文言を読み上げ、うれし涙をこぼした。ファン2000人も大きな拍手で祝福した。

 所属レコード会社によると、昨年12月の復帰後は音楽イベントやファッションショーなどで数曲を披露する場はあったが、単独ライブは06年9月23日に神奈川・ハーモニーホール座間を最後に行っていなかった。会場や時期の詳細は未定だが、華原は「やり直しの旅は始まったばかり。一つ一つ乗り越えて一生懸命生きていくことを誓います!」と高らかに語った。

 NHK紅白歌合戦出場とともに目標にしていたのが単独ライブだった。復帰当初から「ずっとライブの場面を妄想していた。ミュージカル風にしてメドレーで歌いたいとか」と構想を膨らませていた。休養中から取り組んできたボイストレーニングの成果が実を結び「save your dream」など一部の曲について「昔はライブで歌えなかった曲が歌えるようになった」と自信につながっている。

 7年前のライブで最後に着た衣装はピンク色。当時のことは「全然覚えてない」そうだが、この日の衣装も同じくピンク色だった。「(復帰を支えてくれた)兄からもらったサンダルも履いてます。そういう意味では新しいスタート。夢に向かって着々と生きていけてうれしい」と早くも胸を高鳴らせていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2013年6月27日のニュース