リア・ディゾン ゲームテーマ曲で歌手活動再開!

[ 2013年6月26日 11:00 ]

ゲーム「サムライ&ドラゴンズ」の新テーマ曲でボーカルを担当するリア・ディゾン

 5月末に再来日した米国出身のタレントで歌手のリア・ディゾン(26)がプレイステーションヴィータ専用ゲーム「サムライ&ドラゴンズ」のテーマ曲を担当し、歌手活動を再開する。

 復帰曲は、ヒット曲「Bomb A Head!」で知られるm.c.A・Tとコラボした「m.c.A・T “Bomb A Head!(サムライ&ドラゴンズ Ver.)feat.リア・ディゾン」で、リアがボーカルを担当する。26日にリア出演のミュージックビデオが公式サイトで公開された。

 レコーディングを終え、「素敵な曲ですね。久しぶりのレコーディングでとても緊張したけど、その緊張を表に出さないように努めました。レコーディング中は喉を休めたほうがよかったかもしれませんが、休んでしまうと、なんだか勢いというかノリがそがれる気がして、がんばっちゃいました」と久しぶりのレコーディングにも手応え十分。

 ミュージックビデオは、ポップな衣装をまとったサムライ女子に扮したリアが、世界を支配しようと企むm.c.A・T扮するドラゴンに挑むという設定で、ダンスシーンに加えて殺陣の要素なども取り入れた“チャンバラダンス”を披露している。「バックダンサーに忍者が登場したりして、すごく楽しかった。着物をベースに、和と洋が混ざったような衣装ですごく素敵です。内容もシリアスなものではないので、とにかくこの映像を気軽に楽しんで見ていただければ」とコメントした。

 リアにとってはこのプロジェクトが日本でのタレント活動復帰第一弾。4歳になる長女を「私の人生のすべて」とし、「時間があれば今は娘のために使いたい」と子供中心で考えていることを明かしたつつも、今後の活動については「具体的な活動は決まっていませんが、いろんなことにチャレンジしたい」と意欲的だ。

 08年6月の5thシングル「Vanilla」の発売を最後に、音源のリースはないリア。今回の楽曲もCD化などは未定だが、今後の展開にも期待したいところだ。

 リアは、“グラビア界の黒船”として人気を博し、07年には歌手デビューも果たしたが、人気絶頂の08年10月にスタイリストの男性と“できちゃった婚”をステージ上で発表し、活動休止。翌年4月の長女出産後も舞台出演など女優として芸能活動を続けていたが、10年12月に結婚からわずか2年でスピード離婚し、娘とともに米国に帰国。5月末にブログで再来日を明かし、グラビア復帰などを報告していた。2日に行われたセガ「サムライ&ドラゴンズ ファンミーティング2013夏」で今回のプロジェクトにリアが参加することが発表されていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年6月26日のニュース