海老蔵 待望の長男誕生「亡き父の分まで愛情をそそいで育てたい」

[ 2013年3月23日 15:03 ]

第2子の男児を出産した小林麻央

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(35)の妻でフリーキャスターの小林麻央(30)が22日、第2子となる2982グラムの男児を出産したことが分かった。海老蔵が23日、所属事務所を通じてFAXで報告した。

 待望の跡取り誕生に、海老蔵は「新しい家族を迎え喜びと責任の重さを感じております」と喜びのコメント。2月に亡くなった父・市川団十郎さん(享年66)は、市川家の跡取りとなる孫の顔を見ることを支えに、闘病生活を送っていた。海老蔵は「誕生を楽しみにしていた亡き父の分まで、愛情をそそいで育てていきたいと思っております」と父への思いもつづり、長男を一人前の歌舞伎俳優に育て上げることを誓った。

 海老蔵と麻央夫人は2010年3月に結婚し、11年7月に女児が生まれた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年3月23日のニュース