「彼女が一番輝いていた」15歳・川上桃子さんに急きょ特別賞

[ 2012年8月29日 18:33 ]

「37thホリプロタレントスカウトキャラバン2012」で特別賞を受賞した川上桃子さん
Photo By スポニチ

 伝統のオーディション「37thホリプロタレントスカウトキャラバン2012」決選大会が29日、都内で行われ、北海道在住の川上桃子さん(15)が審査員特別賞を受賞した。

 川上さんはあどけない笑顔が印象的な高校1年生。演技力と歌唱力が高く評価され、審査員に「今日彼女が一番、輝いていた」と言わしめた。歌唱審査の自由曲では、YUKIの「ワンダーライン」を見事に歌い上げた。

 本来はグランプリ以外に賞の発表の予定はなく、急きょ設けられた特別賞に「びっくりしました」と目を丸くしながらも、「すごいうれしいです」と笑顔。トロフィーも目録もないため、津嶋敬介実行委員長が「何かごちそうします」と約束していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年8月29日のニュース