橋之助 義兄の勘三郎、12時間の手術も「至って元気」

[ 2012年7月31日 08:00 ]

「松竹大歌舞伎」会見に臨んだ左から中村児太郎、中村橋之助、片岡孝太郎

 中村橋之助(46)が武蔵坊弁慶を演じる「松竹大歌舞伎・秋季公演」(11月1~25日)の製作が30日、都内で発表された。

 27日に食道がんの手術を受けた義兄の中村勘三郎(57)について橋之助は「術後すぐに次男七之助と話すなどしていた」「至って元気な様子だ」と報告。手術は午前10時から午後10時まで及び「がんの手術は長い方がいいというが、8時間を超えると“どうかしたのか”と、こちらもイライラとしてきた」という。翌日には「ICUで20メートルを歩き、拍手が飛んだということだった」とも明かした。姉で勘三郎の夫人好江さんからの連絡などで「今もICUに入っているが順調」と元気な様子を伝えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年7月31日のニュース