芦田愛菜 30センチ、重さ9キロのプリンに興奮!

[ 2012年6月6日 06:00 ]

映画「ジュエルペット スウィーツダンスプリンセス」のアフレコ収録後、重さ9キロのプリンのご褒美に笑顔の芦田愛菜(中央)と共演した声優の齋藤彩夏(左)、ささきのぞみ

 子役の芦田愛菜(7)が特大プリンのプレゼントに笑顔をはじけさせた。

 声優を務めるアニメ映画「ジュエルペット スウィーツダンスプリンセス」(8月11日公開)のアフレコ収録がこのほど都内で行われ、終了後に文字通りビッグなプリンが贈られた。直径30センチで高さ27センチ、重さは9キロ。芦田は「ワー、凄い!私の顔より大きい!本当に食べられるプリンですか?」と大興奮。同作で演じたのはお菓子の国のマーナ姫。“プリン”セスとかけたおやつをうれしそうに頬張った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2012年6月6日のニュース