AKB大島優子 “ヘビロテ連覇”「初の快挙でうれしい」

[ 2012年1月23日 06:00 ]

1位のヘビーローテーションを歌う大島優子(中央)らAKB48

 AKB48と姉妹ユニットらの持ち歌をファンが人気投票する「リクエストアワー セットリストベスト100」が22日、都内で最終日を迎え、1位は昨年に続いて「ヘビーローテーション」だった。

 1位の「ヘビーローテーション」は10年の第2回総選挙で、絶対エースの前田を破って1位になった大島が初めてセンターを務めた曲。昨年の第3回総選挙で1位を再び前田に奪われた大島にとっては、“歌の総選挙”で連覇を達成し、リベンジした格好といえる。

 「2位 Everyday、カチューシャ」。スクリーン上に映し出された瞬間、「ヘビーローテーション」の1位が決定的となり、会場のボルテージは最高潮に。大歓声の中、“ヘビロテ連覇”が発表されると、大島は喜びを爆発させ「日本全国の皆さん!最後は盛大に盛り上がっていきましょう~!」と声をからして「1、2、3、4!」と歌いだした。

 11年総選挙では「私たちにとって票数というのは皆さんの愛です」と言い切った。“歌の総選挙”で計421曲に投じられた票は総数45万1984。その中でもっとも愛されたのが大島が「私の大切な曲」と位置づけるナンバー。「2年連続で1位を取ることは過去4回なかったので初の快挙でうれしい」と、とびきりの笑顔を見せた。

 昨年1年間で最も支持された曲でもある。オリコン・カラオケランキングでは史上最長の48週連続1位。大島の性格を象徴する軽快で明るい作風で、動画サイト「YouTube」で公開されたミュージックビデオの再生数は6081万回。大島も「いろんな人が歌いやすくて踊りやすいとあらためて思う」と話し、3連覇に期待を膨らませた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2012年1月23日のニュース