ミス日本に大学生の新井貴子さん 父は2000安打の新井宏昌氏

[ 2012年1月23日 15:18 ]

ミス日本グランプリを受賞した新井貴子さん

2012年度ミス日本グランプリ決定コンテスト

(1月23日 京王プラザホテル)
 2012年度ミス日本グランプリ決定コンテストが23日、東京・新宿の京王プラザホテルで開催され、応募者3028人のうち、最終選考に残った13人の中から、大学3年生の新井貴子さん(21)がグランプリに輝いた。

 2011年度ミス日本「ミス着物」の新井寿枝さん(25)を姉に持ち、父はオリックスの新井宏昌2軍監督。

 プロ野球の名選手だった父の身体能力を受け継いだ抜群の運動神経を生かし、体育系の大学に在籍中。フリスビーとアメフトをミックスしたような競技のアルティメットに打ち込み、2010年度全日本学生アルティメット選手権では準優勝に輝いている。
 
 父親がたくさんのファンに応援される姿を今でも覚えているという新井さんの将来の目標は世界で活躍するモデル。「わたしも感動や夢を与えられる人になりたい」と夢を抱いている。

 今回の応募者は3028人で、決定コンテストには全国から選ばれた13人が参加。グラプリとともに各賞も発表され、「ミス着物」は短大生の海老沢佳奈さん(20)、「ネイチャー」には大学生の片山萌美さん(20)、「海の日」は大学生の増田麻美さん(22)、「水の天使」には大学生の酒井美帆さん(20)、準ミス日本には会社員の安藤麻実さん(24)が選ばれた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年1月23日のニュース