大原麗子さん 実は…浅野内匠頭の子孫だった

[ 2011年8月1日 06:00 ]

大原麗子さんの墓前には遺影が置かれ、高倉健から届けられた線香もたかれた

 09年8月に不整脈による内出血のため62歳で亡くなった女優の大原麗子さんの三回忌法要が31日、東京都世田谷区の妙壽寺で営まれた。

 故美空ひばりさんの長男の加藤和也氏(39)やテレビプロデューサーの石井ふく子氏(84)らが参列。墓前には、公私にわたって親交があった俳優の高倉健(80)から届けられた線香がたかれた。

 法要後、大原さんの弟の政光さん(62)が会見。大原さんが自身の家系図を、高倉を通じて調べてもらった結果、大原家が「忠臣蔵」で知られる浅野内匠頭の子孫だったことが判明したという秘話を披露。「それもあって(1979年のTBSドラマ)“女たちの忠臣蔵”を演じる時は特に力が入っていた。セリフにも魂がこもっていた」と振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年8月1日のニュース