KARA泥沼化 スンヨン父「グループの成長に事務所がついてこない」

[ 2011年2月16日 06:00 ]

 ガールズグループ「KARA」のスンヨン(22)、ニコル(19)、ジヨン(17)が14日に所属事務所を相手取り、専属契約無効を求める訴訟を起こした騒動で、スンヨンの父親が15日、フジテレビの取材に対し「グループの成長に事務所がついてこない」などと話した。

 当初は一部の親の独断による提訴と見る向きもあり、事務所や日本の関係者は推移を見守っていたものの、3人の親が合意の上で提訴に踏み切ったことがほぼ確定し、事態は泥沼に突入した。

 スンヨンの父親は「このままずっと5人で活動する。事務所との話し合いはうまくいく」と述べたものの、現地報道などによると韓国の芸能界とファンは3人側の行動に否定的な見方を示している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2011年2月16日のニュース