生田斗真 「落ちこぼれ」がジャニーズ初!

[ 2011年1月26日 06:00 ]

ブルーリボン賞 新人賞

(1月25日)
 「人間失格」で映画デビューした生田斗真(26)に決まった。ブルーリボン賞での受賞はジャニーズ事務所の所属タレントでは初めて。「自分の立ち位置はどこだろうと探し続けてきた。会社で初めての賞というのは凄く意味がある」と瞳を輝かせた。

 「僕はグループに入れなかった落ちこぼれ」と自虐的に語る。96年に事務所入り。同期の松本潤(27)、二宮和也(27)、山下智久(25)らは次々とCDデビューしたが、生田には声がかからなかった。生き残りを模索する中、出合ったのが俳優業。「芝居が好きだし、事務所の中で俳優なら競争率が低かった。ここを目指そうと決めた」。舞台出演をコツコツと重ね、演技力を磨いた。「僕をどう応援したらいいか分からなかったファンの方にも誇りにしていただける賞だと思う」。自ら道を切り開いたジャニーズの異端児の今後に注目だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2011年1月26日のニュース