南沢奈央が立大合格!「女優業のプラスに」

[ 2009年2月25日 06:00 ]

もうすぐ高校を卒業する南沢奈央は26日発売の写真集「普通。」と同じ制服姿でニッコリ

 フジテレビドラマ「赤い糸」(土曜後11・10)と同題の映画の両方で主演の女優・南沢奈央(18)が立教大学現代心理学部に合格した。「女優業にいい影響があると思います」と大喜び。清純派女優として人気急上昇中で、同局「上地雄輔物語(仮)」(3月14日後9・00)で上地雄輔(29)の高校時代の彼女役にも決定した。

 合格の一報に南沢は「勉強したいという気持ちを持っているうちに、たくさん吸収したいと思いました。大学生活で教養を増やして1人の人間として成長できれば、女優業に何かプラスになると思っています」と笑顔だ。
 一般の志願者とともに公募で推薦入試の「自由選抜入試」を受験し、英語、小論文、面接などの試験を突破した。芸能界で成績優秀として知られる南沢だが「正直、精神的にも体力的にも大変だった」。女優と受験勉強の両立はハードだったようで、「赤い糸」のロケ現場などでも参考書や単語帳を持ち歩き、帰宅してからすぐに机に向かった。一方で「疲れなどが出ないように気をつけた」と女優としての自己管理も忘れなかった。
 立教大については「建物自体にとても味があってすてきだと思いました。あと、尊敬している両親も立教大学出身なのであこがれていました」と話した。
 同大現代心理学部は心、身体、環境の相互関係の中で、人間とは何かを見ようとすることをテーマに掲げており、現代人のものの見方や感覚に影響を与えている映画、テレビなど映像の働きも追究する。まさに南沢にとって興味をひく内容で「楽しんで学べたらいいなと思います」と希望に胸を膨らませている。
 一方、「上地雄輔物語」については「上地さんを取り巻く人々が個性豊かでとても面白いです」と撮影を楽しんだ様子。26日には初めて水着姿を披露した写真集「普通。」も発売。「さまざまな役柄に挑戦したい」とさらなる飛躍を誓った。

 ◆南沢 奈央(みなみさわ・なお)1990年(平2)6月15日、埼玉県生まれ。高校1年の06年10月、BS―i「恋する日曜日・ニュータイプ」に主演でデビュー。07年はビクター・甲子園ポスターのモデルに起用された。映画「シャカリキ!」(08年9月公開)などに出演。最近は落語にはまっている。1メートル63、血液型O。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2009年2月25日のニュース