布施博&古村比呂 2年前から別居中

[ 2008年4月3日 06:00 ]

 俳優の布施博(49)と女優の古村比呂(42)が別居していることが2日、分かった。古村が日本テレビ「おもいッきりイイ!!テレビ」で明かした。別居生活を始めてから「2年」とし、理由は「親の介護のため」と説明。布施の母親が狭心症、古村の父親が糖尿病で闘病中という。

 一方で、布施と連絡を取っているかと聞かれると、「子供はやりとりしているけど私は…」と言葉少な。「愛はあるんですか?」という問いかけには、10秒近く沈黙した後で「家族としてはあります」と答えた。
 布施の所属事務所は、別居について「担当者がいないので分かりません」と話した。古村は布施と同じ事務所に所属していたが、今年になって別の事務所に移籍したという。
 2人は89年のドラマ共演がきっかけで交際。92年1月にそろって婚約会見し、同2月にハワイ挙式。同7月に長男(15)、翌年10月に二男(14)、97年7月に三男(10)が誕生した。

 ◆布施 博(ふせ・ひろし)本名同じ。1958年(昭33)7月10日、東京都生まれ。79年に劇団ミスタースリムカンパニー入団。84年に日本テレビドラマ「昨日、非別で」に出演し注目される。フジテレビ「抱きしめたい!」(88年)などトレンディードラマで活躍。「私をスキーに連れてって」(87年)で映画初出演。最近はサスペンスドラマの出演も目立つ。

 ◆古村 比呂(こむら・ひろ)本名布施郁子。1965年(昭40)11月24日、北海道生まれ。85年にクラリオンガール準ミスに選ばれ、翌年の映画「童貞物語」で女優デビュー。87年、黒柳徹子の母・朝さんの自伝をモチーフにしたNHK連続テレビ小説「チョッちゃん」のヒロインを務めた。06年には「フィガロの離婚」で7年ぶりに舞台出演し話題に。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2008年4月3日のニュース