ドジャース初の英国出身30歳新人・ピーターセン 大逆転劇で初登板初勝利「最高だ」

[ 2024年6月20日 01:30 ]

ナ・リーグ   ドジャース11-9ロッキーズ ( 2024年6月18日    デンバー )

<ロッキーズ・ドジャース>7回から登板し、2回1安打2奪三振で1失点の投球で初登板初勝利を挙げたピーターセン(AP)
Photo By AP

 ドジャースは9回の大逆転劇で30歳のオールドルーキーに、メジャー初勝利が転がり込んだ。球団初の英国出身選手ピーターセンが、4―8の7回にメジャー初登板。2回1安打2奪三振で1失点も勝利投手となった。

 2度のドラフト指名も入団せず、3度目だった15年ドラフト17巡目でブルワーズ入り。昨年まで苦節9年のマイナー暮らしを経ての白星に「クレージーだった。でも最高だ」と喜んだ。

 ≪ロハス安打で3月から21連勝≫35歳のベテラン・ロハスの「不敗神話」が伸びた。5点を追う9回無死一塁で右前打を放つと、奇跡的な大逆転劇。これで3月29日カージナルス戦から続く安打をマークした試合の連勝が「21」に伸びた。また、得点を挙げれば14連勝、打点を挙げれば12連勝。骨折で離脱したベッツに代わって遊撃に入り、堅実なプレーを続ける。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月20日のニュース