×

エンゼルス・大谷、無安打で連続試合出塁もストップ…試合後には上半身裸で構えチェック

[ 2022年7月4日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス1―9アストロズ ( 2022年7月2日    ヒューストン )

<アストロズ・エンゼルス>序盤の大量失点にベンチで厳しい表情の大谷(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷は4打数無安打で連続試合出塁も10でストップ。チームも完敗し、地区4位に転落した。

 初回に速度110・4マイル(約178キロ)の痛烈な打球を放ったが一ゴロ。その後も凡退が続き、試合後はクラブハウスで上半身裸のまま、構えと間の取り方を確認していた。

 打線は3試合連続2桁三振。特に主砲トラウトは前日から7打席連続三振と低調で「こういう時もあると思うが原因が分からない」と渋い表情だった。(笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年7月4日のニュース