×

広島、オリに11連敗 8回大チャンスに3者連続三振…マツダにため息充満

[ 2022年6月4日 17:00 ]

交流戦   広島2―3オリックス ( 2022年6月4日    マツダ )

<広・オ>2回無死、杉本にソロ本塁打を打たれた森下 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 オリ・アレルギーが止まらない。広島は昨季パ・リーグ王者にこの日も屈し、オリックス戦は11連敗となった。

 先発の森下が2回、杉本にソロ本塁打を被弾。打線は7回にオリックス・山本を攻め、1死一塁から坂倉が同点の適時三塁打を放ち、2死三塁から小園の遊ゴロを野口が失策して勝ち越した。

 だが、8回1死一、三塁のピンチで吉田を一ゴロ併殺に仕留めたかに見えたが、リクエストで判定が覆って同点に。その後、2死一、二塁からT-岡田に中前に適時打を許した。

 その裏の攻撃で無死一、三塁と大チャンスをつかんだが、菊池涼、中村奨、マクブルームがまさかの3者連続三振。本拠マツダにため息が充満した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月4日のニュース