巨人・菅野でも悪い流れ断ち切れず 原監督の勝負手が裏目に 申告敬遠から押し出し四球、痛打

[ 2021年11月12日 05:30 ]

セCSファイナルS第2戦   巨人0-5ヤクルト ( 2021年11月11日    神宮 )

<ヤ・巨>6回2死満塁、塩見(左)に走者一掃の中越え三塁打を浴びた菅野(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 【追球ズーム ここにFOCUS】膠着(こうちゃく)した展開を打破するための勝負手は、実らなかった。1点ビハインドの守り。6回2死二、三塁で、巨人・原監督が意思統一のためマウンドへ向かった。自軍が動くことで、相手ベンチを動かし、その後の逆襲へつなげる思惑だった。

 「こっちが動いて、相手を動かして、そして好転させたいというのがありました。しかし、その勝負に対しては結果的にフォアボールを出してしまった」

 一塁ベースが空いた状況で打者は西浦。次打者サークルには、相手先発・高橋に代わる代打の切り札・川端が立っていた。菅野は右投手。定石では右打者・西浦との勝負を選択する。だが、ここであえて申告敬遠で一塁を埋めて満塁。左打者との対戦を選んだ。

 (1)高橋の降板 左腕には4回から3イニング3者凡退に抑えられていた。前日は奥川に完封を許した。球数102球の高橋に代打を送らせ、7、8、9回は別投手との対戦で逆転を狙った。ヤクルト側には高橋に打席が回らなかった場合、続投の選択肢もあった。

 (2)エースへの懸け 菅野であれば対川端に分があると踏んだ。今季の代打打率・366を誇る左打者にも「智之だから恐れるというのはまずない」と腹を決めた。

 (3)負の連鎖断ち 同回は左翼手・ウィーラーが打球処理を誤り、遊撃手・坂本の悪送球で招いたピンチ。「気持ち良く向こうのペースだった」と満塁を切り抜けることで一転し、試合の流れを転換したかった。

 「流れが我が軍になかなか来ない」という中での一手。だが菅野は川端に押し出し四球。直後、塩見に痛打され、試合は決した。(神田 佑)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月12日のニュース