Honda熊本、14点大勝で6年連続本大会切符 都市対抗九州地区予選

[ 2021年10月3日 16:51 ]

第92回都市対抗野球九州地区予選第6日 ( 2021年10月3日    北九州市民 )

第92回都市対抗野球大会九州地区予選<Honda熊本・西部ガス>優勝を決め、渡辺監督を胴上げする選手たち(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 第1代表決定トーナメントの決勝が行われ、Honda熊本(熊本・大津町)が西部ガス(福岡市)を14―2で下し、6年連続15回目の本大会出場を決めた。Honda熊本は初回、稲垣翔太(28=明豊)、ルーキー・古寺宏輝(23=関東学院大)の3、4番が連続適時打して2点を先制。3回は石井元(28=明大)の3ランで加点。6回は7連打で大量6点を挙げた。投げては先発の3年目左腕、横川楓薫(24=東海大)が7回無失点の好投で東京ドーム切符を引き寄せた。

 敗れた西部ガスは4日、敗者復活4回戦で沖縄電力(浦添市)を下したJR九州(北九州市)と第2代表の座を懸けて対戦する。

 ▽第1代表決定トーナメント決勝
Honda熊本14―2西部ガス

 ▽敗者復活4回戦
JR九州3―1沖縄電力

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月3日のニュース