×

日大山形リリーフエース・滝口無念…また県勢最高ベスト4の壁

[ 2021年8月25日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権 3回戦   日大山形4ー5石見智翠館 ( 2021年8月24日    甲子園 )

<石見智翠館・日大山形>6回2死満塁、日大山形・滝口は石見智翠館・山本由は右前に勝ち越し適時打を打たれる(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 歴史の扉は重たかった。9回1死三塁。二遊間を抜けていくサヨナラ打を、日大山形のリリーフエース・滝口琉偉(3年)は三塁ベンチから見ていた。

 「日本一を目指してやってきて、負けて悔しい。スピードで押していこうと力み、修正できなかった」。先発の斎藤堅史(3年)からバトンを受けたのは同点の6回1死一、二塁。「ピンチで回してごめん」の言葉に「任せろ」と応えた。しかし、2死後に勝ち越し打を浴び、味方が逆転してくれた7回も2失点して同点。9回に先頭打者へ四球を出したところで降板した。自己最速の150キロをマークしながら、県勢最高戦績でもある13年のベスト4という歴史は超えられなかった。

 1、2回戦で好救援を見せた右腕。今後の進路は「プロを目指してきたけど、今は分からない」と話し、後輩へ日本一の夢を託して甲子園を後にした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月25日のニュース