広島・大瀬良 本調子まだでも菅野とのエース対決投げ勝った! 本拠G戦不敗伝説は続く

[ 2021年4月10日 05:30 ]

セ・リーグ   広島2―0巨人 ( 2021年4月9日    マツダ )

巨人打線を6回無失点に抑えて2勝目を挙げた大瀬良(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 不敗神話は続く。広島・大瀬良大地投手(29)が9日、巨人戦で6回6安打零封。要所を締める粘投で今季2勝目を挙げ、本拠地での同戦は7勝0敗とした。打線は初回、難敵・菅野から菊池涼、鈴木誠が鮮やかなソロ本塁打で競演。ドラフト1位・栗林が9回を締めて4セーブ目を挙げ、チームの連敗は2で止まった。

 毎回のように走者の出塁を許しながらも、粘って粘って粘り抜いた。6回降板時の球数104球が、この日の状態を雄弁に物語る。それでも6安打零封。今季2勝目を挙げた大瀬良は、菊池涼と並んだ本拠地のお立ち台で安堵(あんど)の息をついた。

 「調子は良くなかったけど、何とか粘り強く投げられたと思う。ホッとしています」

 先頭打者を出すこと4度。見せ場は坂本、梶谷に連打を許した6回無死一、二塁だ。胆力が問われるピンチ。4番・岡本和を低め直球で二飛に仕留めると、大城は内角高め直球で三飛、最後は重信を内角低めカットボールで空振り三振に斬った。

 「自分でも“ちょっと苦しいな”と思うぐらい、球を操れていなかった。ただ、ここぞの場面で制球ミスがなく、厳しくいけた。要所要所で何とか決めることができました」

 最多勝、勝率1位の2冠に輝いた18年に成功体験があった。8月4日のDeNA戦(横浜)。当日はブルペンでの投球練習からストライクが入らず、1回KOを覚悟してマウンドに上がった。それが無四球で8回1失点。勝利投手にもなった。

 「調子が悪い時、好調時の感覚に戻そうとするのは、やめた。不調なら不調で、どんな感覚で投げればいいか…を探す」。会沢との信頼関係の中で一球一球に思考を巡らせ、要所で集中力を研ぎ澄ませた結果の零封だった。

 「素晴らしい投手ですが、勝てばチームも乗っていける。本気で勝つ気で投げました」

 難敵・菅野との先発での対戦は19年7月19日以来7度目。これで大瀬良の3勝1敗となった。それだけじゃない。巨人戦通算10勝目となり、本拠地で先発した試合は7勝0敗。無双状態のエースを、佐々岡監督は「走者を還さない粘り強さはさすが」と絶賛した。

 「本来なら間違いなく、もう1、2イニングは行くという思いがある。(6回降板は)今日だけじゃなく、今後を考えての判断。体調を整えてまた頑張ります」

 右肘手術からの復活をかける21年。大瀬良の存在が頼もしい。
 (江尾 卓也)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月10日のニュース