野村克也さん “大阪球場”へ帰ってきた 愛用の品々が「南海ホークスメモリアルギャラリー」に展示

[ 2021年2月14日 14:20 ]

<南海ホークスメモリアルギャラリーリニューアルセレモニー> テープカットをする野村忠克氏(左)と江本孟紀氏 (撮影・後藤 大輝) 
Photo By スポニチ

 昨年2月11日に84歳で亡くなった野村克也氏の偉業をしのぶ「おかえり!ノムさん 大阪球場(なんばパークス)に。」の記念イベントが14日、大阪ミナミの商業施設「なんばパークス」(大阪市浪速区)で開かれ、リニューアルされた「南海ホークスメモリアルギャラリー」に、野村氏の写真、愛用したキャッチャーミット、三冠王記念盾などが初めて展示された。

 南海時代に野村氏とバッテリーを組んだ野球解説者・江本孟紀氏(73)らが発起人となり実現。「やっとノムさんに(ギャラリーに)入ってもらい、ホッとした」と江本氏。式典冒頭には、江本氏が投手、野村氏の孫で、楽天・野村克則捕手育成コーチ(47)の長男・忠克さん(19)が捕手役を務めて始球式を披露した。孫の忠克さんは日大野球部の外野手。大阪球場のホームベース跡に作られたレプリカのベースの後ろに座り、江本氏の投球をキャッチ。「普段は優しいおじいさん。ホームベース付近で祖父を感じられた気がします」と感無量の面持ち。「祖父を超えられる選手になれるよう努力して頑張ります」と語り、江本氏は「すぐ超えられると思う。あんまりたいした成績やない」と冗談エールで笑いを誘った。

 クラウドファンディング(20年11月11日~21年1月11日)で2388人から集まった支援金4351万1500円を活用して同ギャラリーをリニューアル。外壁の写真も野村氏が優勝時に胴上げされたものなどに変わり、館内には野村氏の展示コーナーを新設。往年の名選手のパネル、映像、南海ホークスの歴史年表も一新された。

 野村氏は1954年から77年まで、南海ホークス(現ソフトバンク)の捕手、選手兼任監督として活躍した。本塁打王9回などタイトルを獲得。65年には戦後初、パリーグ初の三冠王に輝いた。77年シーズン終了直前に監督を解任。当時の騒動を理由に、大阪球場跡地に建てられた「なんばパークス」内の記念ギャラリーに自身の写真だけでなく、名前の記載さえも拒んだ。江本氏は近年、野村氏に翻意を促し、亡くなる前には軟化していたそうだ。

 息子の克則コーチのコメントを孫の忠克さんが代読。克則コーチは阪神在籍時に記念ギャラリーを訪れたが「写真も記録もなく、残念な思いをした」そうで、「江本さんから提案があり、ぜひとお願いしました」と経緯を語った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月14日のニュース