柳田 マー君楽天復帰濃厚で8年ぶり対戦も「楽しみとかじゃなくヤバイ」2年間で本塁打なし“大嫌い”

[ 2021年1月28日 05:30 ]

<ソフトバンク自主トレ>打撃練習で汗を流す柳田(球団提供)
Photo By 提供写真

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手(32)が27日、筑後のファーム施設にある屋内練習場で自主トレを公開。ヤンキースからFAとなっている田中の楽天復帰が決定的になっている現状を踏まえ、8年ぶりの対戦に早くも“警報”を発令した。

 「少し対戦した記憶はありますけど、まあやばいっす。楽しみとかじゃない。やばい」

 同学年右腕が海を渡る前、最後に対戦したのは13年8月30日(ペイペイドーム)。2打席凡退後の6回2死一、二塁で初球スライダーを振り抜き、左中間に適時2点打。一矢報いたが通算対戦成績は19打数5安打、打率・263で2打点で本塁打なし。12年は13打数2安打、13年は6打数3安打。最終勝負で2打点したが、当時は「(田中とは)積んどるエンジンが違う」と言い残した。

 交流はなく、話もしたことがないというが、苦い思い出がよみがえる。令和の名勝負としても期待される2人。それでもギータは「いやぁ…嫌ですね。嫌です」と苦笑いを浮かべ終始“拒否反応”だった。

 ≪最多36発超える!!角度の高い打球を≫昨季29本塁打の柳田。今オフの自主トレでは、打球の角度を意識し振り込んできた。この日のフリー打撃でも、投手の緩い球を高い角度で打ち上げていた。「ホームランになる角度はある程度“このくらい”というのは分かるので、イメージにどれだけ持っていけるか。確率良く、持っていけるか」。自己最多は18年の36本。今季はベテラン松田からも本塁打数で勝負を挑まれている。「ホームランがいっちゃん、面白いんで。松田さんはレベルが違うし、野球に対する思いも素晴らしい。自分も負けないように活躍したいな」と応戦していた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月28日のニュース