中日 R・マルティネス「準備はできていた」 急きょ出番も無失点締めリーグトップタイ20S

[ 2020年10月16日 22:36 ]

セ・リーグ   中日8―6広島 ( 2020年10月16日    マツダ )

<広・中>最後を締めセーブを挙げたR・マルティネス(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 抜群の安定感だ。中日の守護神、R・マルティネスがリーグトップに並ぶ20セーブをマークした。

 8―3の9回、藤嶋が鈴木誠に3ランを被弾。2点差となり突如、出番が訪れたが「しっかり準備はできていたよ」。

 松山を左飛に打ち取ると、西川を四球で歩かせたものの後続を断ち、ゲームセット。相手に傾きかけた流れにも動じず無失点で試合を締め「チームがリードしているところで投げさせてもらっているので、勝利で終われるようにしていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月16日のニュース