楽天・鈴木大 今季パのV予想は「楽天」 客観的分析の正しさ証明へ

[ 2020年7月1日 05:40 ]

パ・リーグ   楽天15―4ロッテ ( 2020年6月30日    楽天生命 )

<楽・ロ>2回1死一、二塁、右中間に3ランを放った鈴木大(左)を出迎える三木監督(右から4人目)(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 今年1月30日。人生で初めて沖縄・久米島の地に降り立った日の夜、新たなチームメートたちが歓迎会を開いてくれた。今季から兼任打撃コーチを務める渡辺直や同学年の岡島、親交のあった浅村、同じ内野手の内田に囲まれて親睦を深めた。

 会話は今季のパ・リーグの優勝チームの予想に。最後に答えたのは鈴木大だった。「楽天です」。みんなが“楽天推し”だったから合わせたわけではない。野球選手として客観的に戦力を分析した結果だ。そして、決意表明でもあった。移籍を決めた直後には「絶対に優勝します。優勝すれば、この選択は正しかったって証明できる」と言った。久米島の夜の宴からちょうど5カ月。初めて上がったお立ち台で、仙台の夜空に「バーン」の声を高らかに響かせた。(楽天担当・重光晋太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月1日のニュース