ヤクルト・山田哲 菅野撃ちの3号2ラン空砲に 石川の球団生え抜き40代初勝利も消滅

[ 2020年6月27日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト5-6巨人 ( 2020年6月26日    神宮 )

<ヤ・巨(1)>6回無死一塁、中越え逆転2ランを放った山田哲はナインとエアタッチ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・山田哲の逆転弾も空砲に終わった。1点を追う6回無死一塁、菅野の外角高めのスライダーをバックスクリーン左に3号2ラン。「追い込まれていたのでコンパクトにセンターへ打つことを心掛けた。良い角度で上がってくれた」と振り返った。

 しかし、救援陣が4点差をひっくり返されて逆転負け。6回1失点と好投した石川の球団生え抜き40代初勝利も消え、高津監督は「最後の3イニング。そこで逃げ切れないのが今の投手陣」と肩を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月27日のニュース