巨人・岸田 逆転開幕1軍へ特大弾3発、若林は広角打ち分け「非常にいい練習」

[ 2020年5月3日 16:57 ]

ジャイアンツ球場で打撃練習を行なった巨人・岸田
Photo By 提供写真

 巨人は3日、ファームメンバーを中心にジャイアンツ球場で個人調整を行った。ポカポカ陽気でクマバチも出現する屋外で、選手たちは軽快な動きを見せた。

 炭谷、大城、小林に次ぐ4番目の捕手から、逆転での開幕1軍を目指す岸田行倫捕手(23)は、バックスクリーンに特大弾を3発披露。「この状況でもファンの皆様の温かいメッセージをいただき勇気づけてもらってます。次は僕がファンの皆様に希望を与えれるように日々取り組んでいきたいです」と球団を通じてコメントした。

 右へ左へ鋭い打球を打ち分けた若林晃弘内野手(26)は「実際に打者が打った打球を処理できたりして、外で練習させていただき非常にいい練習ができてます。バッティングも試合を想定して取り組めてます。開幕が待ち遠しいですね」とコメント。北村も柵越えを連発し、田中貴はスローイング練習で地をはう強肩を披露した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月3日のニュース