NPB&Jリーグ、開催可否は独自判断 専門家チームは「延期が望ましい」 新型コロナ対策連絡会議

[ 2020年3月9日 13:02 ]

<第2回「新型コロナウイルス対策連絡会議」>会見に臨む(左から)Jリーグの村井満チェアマン、三鴨廣繁・愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学教授、賀来満夫・東北医科薬科大学医学部感染症学教室特任教授 東北大学名誉教授、舘田一博・東邦大学医学部微生物感染症学講座教授、プロ野球の斉藤惇コミッショナー(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 日本野球機構(NPB)と日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が合同で設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」は9日、都内で第2回の会議を行い、専門家チームからは18日のJリーグ再開、20日のプロ野球開幕について「延期が望ましい」というアドバイスを受けた。

 専門家チームの座長を務める賀来満夫氏(東北医科薬科大特任教授)は「現段階で感染患者さんの増加が抑制できるか見通しが立っていないという状況。その中であと1週間に迫る開催時期となると、開催の延期が望ましいと意見しました」と話した。

 3日の第1回会議では主に予防法や、選手や関係者に感染者が出た場合の対処法などが話され、この日の第2回では観客を入れた場合の興行開催について議論された。専門家チームの助言を受け、NPBとJリーグは独自性を持ち、それぞれの判断で公式戦開催について可否を決断する。

 NPBは9日の午後に実行委員会を予定している。斉藤惇コミッショナーは「本日先生方からヒント、ご意見をいただきました。NPBとしてはいただいたご意見を元に午後、代表者・理事が集まり、この後どうするかを詰めていきたいと思います。夕方には改めてNPBの決定事項をお伝えしたいと思います」と話した。

 Jリーグの村井満チェアマンは「今日のご意見を尊重しながら判断していきたい」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年3月9日のニュース